著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

齊藤昇

さいとう・のぼる

立正大学文学部教授(文学博士)。専門領域は19世紀アメリカ文学を中心とした文化批評と伝記的批評。主な著書に『ワシントン・アーヴィングとその時代』(本の友社)、『「最後の一葉」はこうして生まれた――O・ヘンリーの知られざる生涯』(角川書店)、『ユーモア・ウィット・ペーソス――短編小説の名手O・ヘンリー』(NHK出版)など。主な訳書には『わが旧牧師館への小径』(平凡社ライブラリー)、『ウォルター・スコット邸訪問記』(岩波文庫)、『ブレイスブリッジ邸』(岩波文庫)、『スケッチ・ブック(上)・(下)』(岩波文庫)などがある。

 

齊藤昇の書籍一覧]

昔なつかしいクリスマス

[著者]ワシントン・アーヴィング
[訳]齋藤昇

米国ロマン派の寵児アーヴィングと、英国絵本作家の巨匠コールデコットの挿絵がおりなす十九世紀英国の古き良き時代の面影を残す、田舎のクリスマスの光景を描いた名著。

定価=本体 1,800円+税
2016年12月1日/B6判上製/200頁/ISBN978-4-88303-414-7


HOME