著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

スティアン・ホーレ
Stian Hole

1969年生まれ。ノルウェー、オスロ在住のイラストレーター、絵本作家。国立芸術デザイン大学にてヴィジュアル・アートの修士号取得。ノルウェーの絵本作家としては異例なことに、その作品は世界各国で翻訳出版され、高い評価を受けている。作品に『Den Gamle Mannen og Hvalen (老人と鯨)』『Garmans Gate (ガルマンの通り)』『Garmans Hemmelighet (ガルマンの秘密)』『Annas Himmel (アンナの空)』『Morkels Alfabet (モーケルのアルファベット)』。本書『ガルマンの夏』は2007年度のボローニャ国際児童図書展でラガッツィ賞大賞を受賞している。

 

スティアン・ホーレの書籍一覧]

ガルマンの夏

[絵・文]スティアン・ホーレ
[訳]小柳隆之

「そうなんだよ!もう少しカワイかった気がするけど、たしかにオレも昔はガルマンだった。まぶしくてちょっと痛い、夏の終わりってこうなんだよ! しりあがり寿」

[書評・紹介]
《週刊読書人》「フォト&アート」、2017年6月30日
《図書新聞》2017年7月29日、「子どもの本棚」

定価=本体 2,000円+税
2017年5月31日A4判/上製/カバー装/カラー/48ページ/ISBN978-4-88303-421-5


HOME