著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

加藤公太
かとう・こうた

東京生まれ。2013年、東京藝術大学大学院博士後期課程修了。博士(美術)。現在、順天堂大学解剖学・生体構造科学講座助手、東京藝術大学美術解剖学研究室非常勤講師、デザイナー、イラストレーター。著書に『手の百科事典』「手のモジュール」(分担執筆、朝倉書店)、「19世紀における西洋美術解剖学の歴史:日本の美術解剖学の前史として」(共著、日本医史学雑誌)、『遺伝子図鑑』(作画、悠書館)など。

 

加藤公太の書籍一覧]

ギリシャ美術史入門

[著]中村るい
[作画]加藤公太 

神々と英雄と人間たちが織りなす造形世界の魅力。
すべての時代の芸術家にとって、参照すべき古典であり乗り越えるべき規範でもあるギリシャ美術。その全体像をやさしく学べる入門書。

定価=本体 1,800円+税
2017年11月30日
四六判並製/224頁/ISBN978-4-88303-447-5


HOME