著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

渡辺真也

わたなべ・しんや

1980年静岡県沼津市生まれの映画監督/インディペンデント・キュレーター。ニューヨーク大学大学院シュタイナート教育学部ビジュアル・アート・アドミニストレーション修士課程修了後、ニューヨークのイーサン・コーヘン・ファインアートにてギャラリー・マネージャーを2年務め、アートキュレーターとして国民国家に焦点を当てた国際美術展をアメリカ、スイス、ドイツ、日本などで開催。東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室を経て、文化庁新進芸術家海外研修員(2011-2013)。ベルリン工科経済大学造形文化学部で4年間教鞭を執る傍ら、本書にてベルリン芸術大学造形学部社会経済コミュニケーション学科コミュニケーション科学にて博士課程を修了。美術史博士。初監督した映画『Soul Odyssey――ユーラシアを探して』(2016)が、インドネシア世界人権映画祭(IFFPIE)にて優秀作品賞とストーリー賞を受賞。主な美術展に「アトミックサンシャインの中へ――日本国平和憲法第9条下における戦後美術」 (2008-2009) ニューヨーク Puffin Room 、東京代官山ヒルサイドテラス、沖縄県立美術館へと巡回、「ナムジュン・パイク 2020年 笑っているのは誰 ?+?=??」 (2016 ? 2017) ワタリウム美術館、鹿児島県霧島アートの森へと巡回、「はじまりの線刻画――アイルランド・スカンジナビアから奄美群島へ」 (2018) 多摩美術大学八王子キャンパスアートテーク・ギャラリーなど。テンプル大学講師。

 

[渡辺真也の書籍一覧]

ユーラシアを探して

ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイク

[著]渡辺真也

ボイスとパイク、ヨーロッパとアジアの二人の芸術家による
25年に渡る壮大なコラボレーション《ユーラシア》を解読する。

地球の陸地の40%を占める大陸、ユーラシア(Eurasia)。この一つの大地の西に位置するヨーロッパ(Euro)、東に位置するアジア(Asia)には共通する文化的ルーツがあることに目を向け、東西に分裂した世界の再構築を目指したのが、ヨーゼフ・ボイスとナムジュン・パイクによるプロジェクト《ユーラシア》である。それぞれの生い立ちに深く結びつきながら、歴史や哲学に対する深い洞察をもって構想されたこの抽象的作品を正確に理解し、二人が人類に残したビジョンを明らかにする。

[書評・紹介]
《図書新聞》5月23日号、評者:浅沼敬子氏
「美術手帖」6月号、評者:岡俊一郎氏

定価=本体 5,200円+税
2020年1月21日A5判上製/540頁/ISBN978-4-88303-503-8


HOME