著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

岡部由紀子
おかべ・ゆきこ

1948年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程(美学美術史学専攻)修了。ドイツ美術史専攻。現在、京都外国語大学外国語学部教授。著書・論文:『自然の知覚―風景の構築。グローバル・パースペクティヴ』(共著、三元社、2014年)、『絵画のメディア学―アトリエからのメッセージ』(共著、昭和堂、1998年)、「マックス・ベックマン《タキシードを着た自画像》をめぐって」(京都外国語大学紀要『COSMICA』第39号、2010年)、「マックス・ベックマンの戦後」(京都外国語大学紀要『COSMICA』第37号・京都外国語大学創立60周年記念号、2008年)、「ホルガー・ジモン論文訳・リーメンシュナイダーの手になる近世初期のキリスト哀悼群像〈その2〉」(京都外国語大学ドイツ語学科紀要『Brucke』第12号、2010年)、「ホルガー・ジモン論文訳・リーメンシュナイダーの手になる近世初期のキリスト哀悼群像〈その1〉」(京都外国語大学ドイツ語学科紀要『Brucke』第11号、2009年)(2015年1月現在)

 

佐野直子の書籍一覧]

マックス・ベックマン
近代芸術における伝統の問題

[著]ハンス・ベルティンク
[訳]岡部由紀子

近代芸術がパリ画壇で花開いていた20世紀初頭、激動のドイツにあって対立する“近代性”と“伝統”との調停点――伝統を近代精神で満たすこと、近代精神の真っただ中で伝統の力を呼び覚ますこと――を求めつづけた画家マックス・ベックマン。画家が生きた時代の歴史的文脈を解明し、彼を同時代の美術史のなかに位置づけることで、“描くことによって思索した画家”ベックマンの芸術の本質に迫るモノグラフ。

[書評]
《産経新聞》、2015年4月12日、書評欄、評者:石川健次氏→産経新聞のHPで記事を読む
『美術の窓』「新刊案内」、2015年5月号、生活の友社

定価=本体 2,700円+税
2015年1月25日
四六判上製/256頁+カラー口絵4頁/ISBN978-4-88303-370-6

作品とコンテクスト
クラーナハ《ルター》
イメージの模索

[著者]マルティン・ヴァルンケ
[訳者]岡部由紀子

肖像版画の政治的機能
ルターはどのように描かれたのか!?

ルターは自分の肖像画に関心を示さなかった。彼にとっては外に現れた姿より、魂の救済のほうが重要であった。それゆえ彼は親しい知人であるルーカス・クラーナハに、自由に自分の肖像画を描かせた。しかしクラーナハはヴィッテンベルクの宮廷に仕える身であった。宮廷はあらゆる政治的目的のために役立つ、ルターの肖像画を必要としたのである。こうしてそれぞれに異なる、クラーナハによる一連の肖像画が成立した。そしてこれらの肖像画が、宗教改革者の「イメージ」をつくり出していったのである。

定価=本体 2,000円+税
2006年10月20日四六判並製/124頁+カラー折込図版/ISBN978-4-88303-147-4

※本書は、1995年に小社から刊行された同書のカバーデザインを新しくしたものです。


HOME