著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

ミヒャエル・マイヤー
Michael Meyer

ウィーン経済・経営大学教授。1989年より、経営学部の助教授や種々の学際的プロジェクトの社会調査研究者といった、幅広いアカデミック・ポジションに就いてきた。現在は、ウィーン経済・経営大学のNPO研究所所長である。組織行動学の分野において、豊富な講義経験と研究履歴を持つ。専門分野ならびに現在の研究は、経営管理論、NPO、市民社会と市民参加、社会システム理論、組織理論などである。
著作については、http://www.wu-wien.ac.at/npo/english/team/mmを参照されたい。(2010年11月現在)

 

[ミヒャエル・マイヤーの書籍一覧]

批判的談話分析入門
クリティカル・ディスコース・アナリシスの方法

[編著者]ルート・ヴォダック+ミヒャエル・マイヤー
[監訳者]野呂香代子

メディアなどで「当たり前」のように語られていること(談話)を、批判的に分析し、それらの談話が持つ権力性、イデオロギー性を明らかにし、社会的差別、抑圧、不平等などと実践的に闘うための入門書。

定価=本体 3,000円+税
2010年11月15日
A5判上製/271頁/ISBN978-4-88303-276-1


HOME