著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

萱のり子
かや・のりこ

東京学芸大学教授。専門は、芸術学、書学。主著として、著『東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容』(三元社、2016)、『書芸術の地平――その歴史と解釈』(2000)、“Changes in Japanese ‘Modern’ Calligraphy”(Aesthetics: Looking at Japanese Culture, 2004)、「元永本の美学」(『和歌が書かれるとき』、2005)、「水茎の〈和らげる〉力――仮名の書の美的価値に関する一考察」(『書学書道史論叢』、2011)、“The Aesthetic Characteristics of Kana Seen in Chirashi-gaki”(Buchstaben der Welt: Welt der Buchstaben, 2014)、「鑑賞活動における言語とイメージの共有に関する一考察」(『美術教育』299号、2015)、共著『ルーブリックで変わる美術鑑賞学習』(三元社、2020)など。(2020年12月現在)

 

萱のり子の書籍一覧]

東アジアにおける〈書の美学〉の伝統と変容

[編者]神林恒道・萱のり子・角田勝久

「書は美術か否か」。小山正太郎と岡倉天心の論争を起点に、日中韓、そして欧米の研究者が「書く」ことの美を問う画期的論集。東西のまなざしの交差によって、“東アジアの伝統文化”を超えた〈書の美〉が立ち現れる。 (「東アジア文化都市2015新潟市」での国際シンポジウム報告集。日本語と英中韓の二言語表記)

[書評・紹介]
《書道美術新聞》2016年5月1日(第1075号、美術新聞社)
《毎日新聞》2016年5月12日夕刊、記事:桐山正寿氏
『書道界』2016年7月号(No.320、藤樹社)、「書巻の気」150、評者: 臼田捷治氏
《新潟日報》2016年7月3日、「にいがたの一冊」、評者:並木誠士氏
『墨』2016年9・10月号(242号、芸術新聞社)、評者:淺沼圭二氏、松村茂樹氏

定価=本体 5,200円+税
2016年4月10日
A5判上製/504頁/ISBN978-4-88303-405-5

ルーブリックで変わる美術鑑賞学習

[編著]新関伸也松岡宏明

子供たちの、生き方につながる、授業づくり。
子供たちと美術作品が出会い、ひとりひとりに物語が生まれる。作品が自分を変えることを知り、自分の物語が友達を変えることを知る。そしていつの日か、その小さな出来事が、「世界」へのかかわりに作用する。――そんな能動的で広がりのある図工や美術の時間を実現するために、「鑑賞学習ルーブリック」という〈地図〉をつくりました。美術鑑賞教育の本質を探究し、指導を深めていくための、新しいアプローチ。

定価=本体 2,000円+税
2020年12月15日B5判並製/128頁/ISBN978-4-88303-518-2

日本美術101鑑賞ガイドブック

[編著者]神林恒道新関伸也
[執筆者]赤木里香子+泉谷淑夫+梅澤啓一+大嶋彰+大橋功+金山和彦+萱のり子
       小林修+松岡宏明

見ることから始まる、名作101選の味わい方。
辞書も事典も、専門知識もいりません。肩ひじ張らずに、まず「見る」ことから始めましょう。これが芸術鑑賞の第一歩です。 面白いと感じたら、なぜかと思います。 これにこたえるレシピが、本書の作品解説です。 「なにが描かれているのか」「その見どころ」「その位置づけ」というふうに、 段階を追って味わいが深まります。

定価=本体 2,800円+税
2008年7月30日/A5判並製/236頁/ISBN978-4-88303-228-0
 

HOME