著訳者紹介


*データは原則として刊行時のものです*

 

小山亘
こやま・わたる

1965年生まれ。1987年同志社大学神学部卒業。1990年サンフランシスコ州立大学大学院英語教育研究科修士課程修了。2003年シカゴ大学大学院言語学研究科博士課程修了。PhD(言語学)。2003年より立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科助教授(2009年から教授)。光華女子大学、関西外国語大学、早稲田大学、慶應義塾大学大学院でも教歴(非常勤)を有する。専門は、コミュニケーション論、言語学、語用論、社会言語学、言語人類学、記号論、言語教育学、翻訳論。The Journal of Pragmatics(アムステルダム/ニューヨーク)編集諮問委員、Rask(デンマーク、オーデンセ市)編集委員、社会言語科学会編集委員、立教・異文化コミュニケーション学会編集代表・事務局長などを歴任。 Language and its Double(全4巻; 2003)、『批判的社会語用論入門』(2005)、『講座社会言語科学 第5巻:社会・行動システム』(2005)、Encyclopedia of Language and Linguistics, Vol. 1, 9 & 10(2nd edition; 2006)、『記号の系譜』(2008)、『記号の思想』(2009)、『言語人類学から見た英語教育』(2009)、『近代言語イデオロギー論』(2011)、Handbook of Pragmatics, Vol. 1(2011)、『異文化コミュニケーション学への招待』(2011)、『異文化コミュニケーション事典』(2012年出版予定)など著書、編著書、共著書、訳書、論文多数。(2012年4月現在)

 

小山亘の書籍一覧]

シリーズ「知のまなざし」
コミュニケーション論のまなざし

[著者]小山亘

コミュニケーション観の探究が社会全体を見る鍵となるのは、なぜか?──
「コミュニケーション論のまなざし」は、個人や社会をどのように捉えようとしているのか。社会で言われていること、コミュニケーションを通して為されていることを、この「まなざし」はどのように捉えるのか。どのようにして、コミュニケーションは、単なる情報伝達ではなく、歴史、文化、社会の中で起こる出来事だということを、この「まなざし」は示していくのだろうか。

定価=本体 1,700円+税
2012年4月30日
B6判並製/218頁/ISBN978-4-88303-313-3

近代言語イデオロギー論

記号の地政とメタ・コミュニケーションの社会史

[著者]小山亘

「敬語」は、なぜ、いかにして「国語学」の言説において、社会文化的象徴として、イデオロギッシュに機能したのか。「京都方言」はいかにして「京都方言」とされたか、「京都方言」となるのか。──本書は、〈言語〉、より一般には〈記号〉、すなわち、〈社会文化的コミュニケーション〉の問題系において、イデオロギーは、どのような意味を持つのか、イデオロギーの持つ記号論的、社会文化的特徴はどのように性格づけられるのか、それを明らかにすることにより、言語、方言、語用、記号、社会文化的コミュニケーション、そして、それらを対象とする諸学、全ての学知が、どのような意味でイデオロギー的であると言えるのかを、できるだけ精確に明示する。

[書評]
《図書新聞》2011年10月1日号、評者:吉野実氏

定価=本体 5,600円+税
2011年3月10日
A5判並製/584頁/ISBN978-4-88303-280-8



記号の系譜
社会記号論系言語人類学の射程

[著者]小山亘

全体、再帰、批判(内在的批判)、歴史。ボアス以来の人類学、パースからヤコブソンへと展開してきた記号論を融合した社会記号論系言語人類学。「知」が断片と化したこの時代、ことばと社会、文化、歴史の学として体系性と包括性、全体性を求める、その反時代的な営みの可能性を明らかにする。

定価=本体 4,600円+税
2008年1月30日/A5判並製/540頁/ISBN978-4-88303-219-8

記号の思想 現代言語人類学の一軌跡
シルヴァスティン論文集

[著者]マイケル・シルヴァスティン
[訳者]小山亘/編 榎本剛士古山宣洋・小山亘・永井那和

難解をもって知られる、現代北アメリカを代表する言語人類学者の論考に詳細な解説をつけた、はじめての論集。オリゴを基点としたコミュニケーション過程のなかに、文法、語用、談話、社会、文化、心理、歴史、その全てを統一的に捉えなおす精緻な理論。言語、認知、相互行為など、コミュニケーション実践に焦点を据えた現代社会文化研究の先端、極限を<今ここ>に刻印する。社会文化コミュニケーション論による「言語学」の超克、そして、「認知科学」、「人類学」の再構築。

定価=本体 5,500円+税
2009年5月31日/
A5判並製/568頁/ISBN978-4-88303-246-4

批判的社会語用論入門
社会と文化の言語

[著者]ヤコブ・L・メイ
[訳者]小山亘

語用論の社会学的転回

社会と文化、権力とアイデンティティーの視座から、「ことば」の実践に切り入り、現実の社会から遊離した「言語」研究の軛から、「語用論」と「ことば」を解き放つ「批判的社会語用論」の全体像。

定価=本体 5,500円+税
2005年10月31日/A5判並製/372頁/ ISBN978-4-88303-168-9




HOME